記事検索
逆アクセスランキング
ブログランキング

スポンサードリンク
アーカイブ

スポンサード リンク

【謎の粉】ハッピーターンが40周年でついに新商品登場! 今度はスティック型だぞ

1:2016/12/05(月) 15:07:46.02 ID:
みんなが大好きなハッピーターンがついにリニューアルしたぞ。新しいハッピーターンはなんとスティック型。
しかも中にクリームが入っているのだ。
商品名は『ハッピーターン クリームdeハッピー』。こちら12月5日より北海道と東北地区(青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県)のコンビニで販売開始された。残念ながらほかの地域での販売はまだまだ先とのこと。

今回特別に入手した『ハッピーターン クリームdeハッピー』を編集部が試食してみたぞ。

http://gogotsu.com/archives/24312
 

【IT】この発想は小売からは出てこない・・・「Amazon Go」と「Amazon Dash Button」の衝撃

1:2016/12/10(土) 00:10:48.12 ID:
押久保 皆さんご存知だと思いますが、リアルでのワンクリックを実現する「Amazon Dash Button」が日本に上陸しました。また、アマゾンは、AIやセンサーなどを使ったレジがないリアル店舗「Amazon Go」の動画も公開しました。その動画を見て僕はびっくりしたのですが、おふたりは率直にどう思いましたか。

奥谷 僕にとってはこういうのが理想ですね。顧客を知って店舗をやるということが、結局リアルの会社にはできない。顧客を知った人がどう店舗を作っていくか。「Amazon Dash Button」にしても、メーカーが直接やればいいという感じはします。

【悲報】ホチキス針 外す必要なし

1:2016/12/10(土) 09:33:46.20 ID:

私が人生50時間くらい損したことに気づいた画像をご覧ください 

【企業】「富士通が必要とされなくなる」という恐怖…正念場を迎える富士通

1:2016/12/08(木) 16:48:55.15 ID:
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/120100288/120200002/

 「『富士通なんていらない』。以前の富士通のままでは、顧客にそう言われかねない」。

 富士通が2016年4月に新設した「デジタルサービス部門」を統括する香川進吾執行役員専務は、危機感をあらわにする。デジタルサービス部門は、AI(人工知能)やIoT(インターネット・オブ・シングズ)のシステム基盤を顧客企業に提供する新組織だ。

同氏が改めて危機感を強く感じたのは、2016年11月中旬に欧州の顧客を訪れたときのこと。
ドイツのミュンヘンで開催した展示会「Fujitsu Forum 2016 Munich」に合わせて、現地のユーザー企業を訪問していた。

トヨタ 下請けに対し「更なる改善」を要求 収益拡大ねらう

1:2016/12/07(水) 21:08:05.60 ID:
http://newswitch.jp/p/6741

自動車メーカー各社の収益が円高で下振れする中、トヨタ自動車グループが原価低減による収益改善策を一段と強化する。トヨタは「年間3000億円の原価改善」(大竹哲也常務役員)を目安に収益力を向上してきたが、円高などで減収減益を見込む2017年3月期は緊急の収益改善活動を進め、減益幅を少しでも縮めようとしている。円高はトヨタにとって「乾いた雑巾を絞る」ためのチャンスとなるのか。

年4150億円
 「ブレグジット(英国の欧州連合離脱問題)直後に始めた緊急収益改善活動が大変順調だ」。
8日の決算会見で伊地知隆彦トヨタ副社長はこう述べた。6月の英国民投票後、トヨタは円高の長期化を見据え、収益体質の強化に動きだした。
 原価改善の柱は、トヨタ自身のコスト削減と部品メーカーからの購入価格の引き下げ。
量産開始後の車種で生産工程などを効率化するVA(価値分析)活動に加え、16年4―9月の半年間に多くの部品の購入価格を前の期と比べて引き下げた。
10月以降の半年間でもさらに下げる方向で多数のサプライヤーと協議している。
 これらの成果として17年3月期は4150億円の原価改善効果を見込む。トヨタは期の途中で原価改善効果を積み上げることが珍しくなく、第3四半期以降もさらに原価低減が進む可能性がある。 

スポンサード リンク

スポンサード リンク