記事検索
逆アクセスランキング
ブログランキング

スポンサードリンク
アーカイブ

スポンサード リンク

その他

大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック 半数以上当てはまると注意が必要

1:2017/01/10(火) 20:04:40.81 ID:
社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だったりと発達障害の人が苦手とする分野があります。
注意しているのに困難な場合は、発達障害かもしれません。まずは、セルフチェックを行ってみましょう。

1、約束を忘れやすい
2、長時間座っているのが苦手
3、仕事のツメがあまい
4、不注意によるミスが多い
5、単純作業が苦手
6、1対1で話しているのに会話に集中できない
7、よく物を置き忘れたり、無くしたりする
8、雑音で気が散ってしまうことがよくある
9、落ち着かない、ソワソワすることがよくある
10、時間に余裕があってもリラックスできない
11、一方的にしゃべりすぎてしまう
12、相手の会話をさえぎってしまう
13、順番待ちをするのが苦手
14、慣れていない場所はかなり緊張する
15、あいまいな表現の会話が理解できない

就活生 コンッコンッ 「失礼しま…」  面接官「もう帰っていいですよ」  ノック2回はNGマナーなので注意!

1:2017/01/09(月) 16:00:33.15 ID:
ノックの回数には意味がある!? 実は「2回」はNGマナーだった

働き始める理由は人によってさまざま。スキルアップやキャリアアップ、はたまた全く別の“畑“へとキャリアチェンジをする人も。
なかでもママは産休育休を経ての職場復帰や、ママとなった経験を活かして心機一転、新たな場所で働き始めるなどして新しい職場で再スタートを切る人も多いのでは?
出産・育児でしばらく“現場”から離れていたママにとって、社会復帰後は思いのほかリズムがつかめず、家庭モードのままついついビジネスマナーもおろそかになりがち。
今日はそんなママでもブランクを感じさせない「スマートさ」をアピールできる、あるビジネスマナーをご紹介します。

【IT】「今後、機密情報は紙で」文科省のメール誤送信対策に驚きの声

1:2017/01/10(火) 22:17:52.08 ID:
http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/10/mext_n_14075062.html

文部科学省は1月10日、職員約30人分の人事異動案を誤って約1700人の全職員に送信していたことを公表した。
人事課の職員が4日夕、今月中旬に発令予定だった管理職や若手職員の人事案を部下にメールで送ろうとしたところ、誤って全職員に送信してしまったという。

一方でこの問題について、全職員に誤送信しかねないシステムや、再発防止策として同省が公表した「人事情報は今後は紙や口頭でやりとり」との報道には、ネット上などで「時代に逆行するのでは」と驚きの声も上がっている。

うつ病になって病気休暇を取った大企業の社員の約半数が再発して休暇を再取得

1:2017/01/08(日) 14:06:17.20 ID:
うつ病になって病気休暇を取った大企業の社員の約半数が、復帰後に再発し、病気休暇を再取得していたとする調査結果を、厚生労働省の研究班(代表者、横山和仁・順天堂大教授)がまとめた。
特に復帰後2年間は、再取得する人が多かった。

http://mainichi.jp/articles/20170108/k00/00m/040/114000c

【健康】短時間睡眠は時代遅れ、名だたる成功者たちが8時間睡眠のメリットを主張

1:2017/01/03(火) 20:58:43.88 ID:
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO10880880Q6A221C1000000?channel=DF140920160927

 ビジネスリーダーたちが、良い判断を下し事業を育てるうえで睡眠が果たす役割について、公の場で発言を始めている。
確かに、ビジネス界には早起きをやたら自慢する人もまだまだ多い(「6時から朝食を一緒にしないか?」「いいね、僕にはちょっと遅めだけど。まあ、ジムでひと汗流して、ヨーロッパに何本か電話を掛けてから行くよ」)。
しかし、睡眠を優先していることをカミングアウトする経営者も増えてきた。「ハフィントンポスト」の創設者として知られ、現在は睡眠の伝道師ともいえる活動に取り組むアリアナ・ハフィントン氏が語る。

年金納付率 20歳から24歳の納付率は21.4%、25歳から29歳は32.1% もうシステムが崩壊してるwww

1:2017/01/05(木) 08:02:12.99 ID:
■年金の未納者が「約60%」もいる?
新制度は、私たちの老後生活にどのような影響を及ぼすのでしょうか。
まず、現在年金を受け取っている世代は、受取額が減る恐れがあります。若者を中心とした現役世代も、たとえ年金を払い続けていたとしても、受取額が減る可能性があります。そう考えると、公的年金制度を維持するためとはいえ、少なからず不安な気持ちになります。
これでは、年金の未納者がますます増える可能性も否定できません。

一時期、私たちFP仲間で自民党の河野太郎議員のブログが話題になったことがあります。河野議員の見立てによると、平成25年度の被保険者全体の割合を加味した「実質的な年金の納付率」は約40%、つまり未納が「約60%」というものでした。
同じく、20歳から24歳の納付率は21.4%、25歳から29歳は32.1%です。この数字を知ったときの驚きは、いまでも忘れられません。

http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20161226/zuuonline_133423.html

【経済学】経済成長は永遠なのか 「この200年、むしろ例外」

1:2017/01/04(水) 10:59:03.25 ID:
http://www.asahi.com/articles/ASJDY5DR2JDYULZU005.html

いつしか「経済成長」は私たちにとって当たり前のものになっていた。だが、それは永遠のものなのだろうか。
 アベノミクスの大黒柱である日本銀行の異次元緩和はお札をどんどん刷って国債を買い支えるという、かなり危うい政策である。にもかかわらず世論の支持が高いことが不思議だった。

スポンサード リンク

スポンサード リンク