記事検索
逆アクセスランキング
ブログランキング

スポンサードリンク
アーカイブ

スポンサード リンク

Windows

Windows10の勝手な更新どうにかならんのか!

1:2016/10/13(木) 13:46:41.58 ID:
勝手に始まって帯域占領するからネット閲覧に支障が出るんだが

デスクトップOSシェア Windows XP第3位のシェアを確保

1:2016/10/03(月) 09:01:39.71 ID:
Net Applicationsから2016年8月のデスクトップOSシェアが発表された
8月はWindowsがシェアを増やし、MacとLinuxがシェアを減らした
http://news.mynavi.jp/news/2016/09/02/092/

Windows 7 47.25%
Windows 10 22.99%
Windows XP 9.36%

Windows10用更新ファイル KB3189866自体にダウンロードが終了しない不具合の報告

1:2016/09/14(水) 17:48:37.93 ID:
Windows Updateに不具合? 「KB3189866」のダウンロードが終わらないとの報告が多数あがる

 日本時間の9月14日から配信の始まったWindows Updateに、不具合が発生しているようです。Windows10用更新ファイル「KB3189866」のダウンロードが50%前後で止まってしまい、いつまで待っても更新が終わらないという報告が、Twitterに多数あがっています。

 再起動して何回かやり直しても、毎回止まってしまうとのこと。Microsoft Update カタログから個別にダウンロードすればインストールできるという報告もありますが、よく分からない場合は修正されるまで更新自体を止めておいたほうがよさそうです。

 この件についてマイクロソフトに問い合わせてみたところ、同件はまだ報告が上がってきていないため把握していないとのことでした。公式からの発表を待ちましょう。

ttp://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1609/14/news080.html

Windows 10にアップグレードしなかった人へ…そのままでは次世代CPUは使えません、Microsoftが明言

1:2016/09/08(木) 09:51:01.30 ID:
http://www.gizmodo.jp/2016/09/microsoft-ending-support.html

だから「Windows 10」じゃなきゃダメなんです…。
今夏に無償アップグレードが終了してしまったWindows 10。でも、頑なに「Windows 7」や「Windows 8.1」からのアップグレードを拒み続け、いまでも旧世代のOSを好んで使用しているユーザーが少なくないのが事実です。

ただ、Microsoftは、もうWindows 7やWindows 8.1のユーザーを末永くサポートしていくことはしないとの姿勢を、ますます明確に打ち出しつつあります。最初のあおりを受けるのは、まもなくリリースされるIntelの「Kaby Lake」やAMDの「Bristol Ridge」および「Summit Ridge」世代のCPUなんだとか。

新たなシリコン世代の登場にともなって、サポートには最新版のWindowsプラットフォームが必須となる。
Windowsと新シリコンの高度な統合に注力することが可能になるからだ。実は、Windows 7やWindows 8.1でのCPUサポート打ち切りをめぐっては、現行のIntelの「Skylake」世代のCPUが、来年7月までしかサポートされないとの方針が最初に発表。とはいえ、数々の批判を受け、現在はWindows 7とWindows 8.1のサポート終了日へと延長された経緯があります。
もしや、次世代のCPUでも、こうした措置が講じられるのでは?
そんな期待も高まるなか、上のようにMicrosoftの広報担当者が明かしたそうです。

つまり、これから発売される新世代のCPUでWindows 7やWindows 8.1マシンを使い続けたい人には、ドライバなどの正式サポートが提供されないことを意味しているでしょう。残念なことに、Windows 10以外の旧OSで新CPUを使おうとすると、起動しないことはないものの、動作が非常に不安定となり、アプリケーションの故障やOSが壊れてしまう危険性があるという専門家の見方もあります。

なお、新しいCPUを入れてまで使うつもりはないというユーザーにとっては、Windows 7なら2020年1月14日、Windows 8.1なら2023年1月10日まで、Microsoftからセキュリティアップデートなどが提供され、サポートが継続される方針です。どのWindowsユーザーも、この期限までにはWindows 10への移行を余儀なくされそうです。

Windows Essentials 2017年1月10日サポート終了

1:2016/09/07(水) 08:14:38.89 ID:
マイクロソフトは、Windows Essentials 2012のサポートを2017年1月10日に終了することを発表しました。

Windows Essentials 2012は[メッセンジャー][Windows Liveメール][フォトギャラリー][ムービーメーカー][Windows Live Writer][OneDrive][Windows Liveファミリーセーフティ]の各ソフトで構成される無料のスイートです。

メッセンジャーは2013年4月にSkypeと統合され、すでに終了。
Windows LiveファミリーセーフティはOSの機能に組み込まれ、[Microsoftファミリーセーフティ]の名称に変更済。
Windows Liveメールのサポート終了後は[メール]アプリや[Outlook.com]へ移行。
フォトギャラリーのサポート終了後は[フォト]アプリへ移行。
ムービーメーカーのサポート終了後はWindows10向けの新規アプリが公開予定。

http://www.jpita.or.jp/pc/index.php?20160906

マイクロソフトが冷蔵庫を発表。買い物中にWindows 10 搭載PCで冷蔵庫内のカメラで在庫を確認できる

1:2016/09/07(水) 13:21:31.66 ID:


MicrosoftがLiebherr(リープヘル)の家電部門と共同で冷蔵庫をもっとスマートに、もっと速く、もっと強く
作り替えようとしている……おっと失礼、「よりスマートに」だけでした。

2社による新たなコラボレーションにより、Microsoftはコンピュータビジョン技術(いわばコンピュータの目)を
Microsoft Cognitive Services Computer Vision API経由で提供し、冷蔵庫が自分で庫内にある物体を見分け
られるようにするという。

Linux、iPhone、Androidの繁栄で、Windowsを使うプログラマは死滅した。影響は徐々に現れる。

1:2016/08/30(火) 16:19:01.66 ID:
JetBrainsがWebStorm 2016.2をリリース,TypeScriptとReactサポートを拡張
https://www.infoq.com/jp/news/2016/08/webstorm-2016-2

スポンサード リンク

スポンサード リンク