記事検索
逆アクセスランキング
ブログランキング

スポンサードリンク
アーカイブ

スポンサード リンク

仕事

外食産業「人手不足でもう限界だ・・・死ぬかもしれん」

1:2017/01/16(月) 17:52:19.38 ID:
http://toyokeizai.net/articles/-/153596

人手不足で疲弊、もう「外食・小売り」は限界だ
バイト時給は過去最高、人件費が業績を圧迫

牛丼チェーンのすき家には、年末年始に多くの客が押し寄せた。変則営業の飲食店が多い中、24時間営業を貫いたからだ。その間は通常の時給に100~400円を上乗せして、何とか人手を集めた。
3大都市圏のアルバイト・パート募集時の平均時給は、1000円を突破(2016年11月時点)。求人情報大手のリクルートジョブズが2006年に調査を開始して以来、初の大台に乗った。
生産年齢人口が減少の一途をたどる中、景気もリーマンショック後の最悪期を脱し、労働市場は逼迫。特に労働力をパートやアルバイトに頼る外食・小売業界の人手不足は深刻だ。

【仕事】なぜ営業職は皆から嫌われるのか?

1:2017/01/12(木) 15:05:08.95 ID:
http://toyokeizai.net/articles/-/149582

営業職の人気は、「普遍的に低い」と言われています。営業職と一口にいっても、対企業向け、個人向け、ルート営業などさまざまなスタイルがありますが、それぞれに不人気なのです。

そうしたさまざまな営業職に取材していくと、不人気を裏付けるような意見をたくさん耳にします。
「これから先も続けたいと思わない」とずばり語ってくれたのは、食品メーカーで営業職についているある20代の方。 

【仕事】林修が「まずは3年働け」の定説に異論 「会社の将来性に不安を感じたらさっさと辞める判断もあり」

1:2017/01/14(土) 11:00:21.88 ID:
http://best-times.jp/articles/-/4271

新卒入社の若者に対し言われることの多い「まずは3年働け」という言葉。「3年以内離職率」という指標もあるように、「3年」という年数がある程度の説得力をもって使われることは多いようですが、林先生は、「まずは3年」という考え方についてどのように思っているのでしょうか。

「この会社で自分はトップ争いに加われないな」と思ったときも同様
 僕は新卒で入った長銀(日本長期信用銀行)を5か月で辞めた人間なので、「まずは3年働け」なんて言ったことはないですし、言う資格もありません。

ヤマトHD、ネコの手借りても…迫る限界、配達員「荷物を配るだけで精一杯、時間指定配送はしんどい」

1:2017/01/12(木) 19:23:10.77 ID:
「とにかく荷物を配るだけで精いっぱいで、時間指定配送はしんどいです」。
12月末、記者宅に荷物を届けにやってきたヤマトホールディングス子会社、ヤマト運輸の配達員は疲れた表情でこうこぼした。
この荷物が記者宅に届いた日時は、購入時に指定した日時より1日早かった。業界一のサービス品質を誇るヤマト運輸にしては珍しい事態といっていい。

上旬のお歳暮に始まり、インターネット通販のクリスマス商戦、月末にはおせち

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO11543120R10C17A1000000/

【IT】「今後、機密情報は紙で」文科省のメール誤送信対策に驚きの声

1:2017/01/10(火) 22:17:52.08 ID:
http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/10/mext_n_14075062.html

文部科学省は1月10日、職員約30人分の人事異動案を誤って約1700人の全職員に送信していたことを公表した。
人事課の職員が4日夕、今月中旬に発令予定だった管理職や若手職員の人事案を部下にメールで送ろうとしたところ、誤って全職員に送信してしまったという。

一方でこの問題について、全職員に誤送信しかねないシステムや、再発防止策として同省が公表した「人事情報は今後は紙や口頭でやりとり」との報道には、ネット上などで「時代に逆行するのでは」と驚きの声も上がっている。

うつ病になって病気休暇を取った大企業の社員の約半数が再発して休暇を再取得

1:2017/01/08(日) 14:06:17.20 ID:
うつ病になって病気休暇を取った大企業の社員の約半数が、復帰後に再発し、病気休暇を再取得していたとする調査結果を、厚生労働省の研究班(代表者、横山和仁・順天堂大教授)がまとめた。
特に復帰後2年間は、再取得する人が多かった。

http://mainichi.jp/articles/20170108/k00/00m/040/114000c

【仕事】残業を「会社のせい」にする人に欠けた習慣、早起きすれば「仕事のムダ」も見えてくる

1:2017/01/06(金) 21:28:35.88 ID:
http://toyokeizai.net/articles/-/152338

『朝の余白で人生を変える』の著者で、“朝活の第一人者”でもある池田千恵氏は、朝の時間を戦略的に活用し、企業や自治体の売り上げを向上させる「株式会社朝6時」の創業者でもあります。
そんな池田氏が、朝の「余白」時間を使った仕事効率化の方法を伝授します。

スポンサード リンク

スポンサード リンク