記事検索
逆アクセスランキング
ブログランキング

スポンサードリンク
アーカイブ

スポンサード リンク

仕事

【健康】短時間睡眠は時代遅れ、名だたる成功者たちが8時間睡眠のメリットを主張

1:2017/01/03(火) 20:58:43.88 ID:
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO10880880Q6A221C1000000?channel=DF140920160927

 ビジネスリーダーたちが、良い判断を下し事業を育てるうえで睡眠が果たす役割について、公の場で発言を始めている。
確かに、ビジネス界には早起きをやたら自慢する人もまだまだ多い(「6時から朝食を一緒にしないか?」「いいね、僕にはちょっと遅めだけど。まあ、ジムでひと汗流して、ヨーロッパに何本か電話を掛けてから行くよ」)。
しかし、睡眠を優先していることをカミングアウトする経営者も増えてきた。「ハフィントンポスト」の創設者として知られ、現在は睡眠の伝道師ともいえる活動に取り組むアリアナ・ハフィントン氏が語る。

【派遣】パソナなど人材関連株が大幅高、政府の「働き方改革」で商機拡大

1:2017/01/04(水) 11:03:41.45 ID:
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20170104-00000070-stkms-stocks

テンプホールディングス<2181>、ウィルグループ<6089>、UTグループ<2146>、パソナグループ<2168>、夢真ホールディングス<2362>、リブセンス<6054>など人材関連銘柄が高い。

企業の求人需要が高まるなかで株式市場でも関連企業の商機拡大が意識されている。
また、少子高齢化に伴い年金や介護問題なども不可避の課題であり、雇用や社会保障制度の基盤確立のために安倍政権が重要課題とする「働き方改革」も中期的な人材サービス市場の拡大につながっていく。

今月下旬に召集される通常国会では働き方改革関連法案を巡る与野党の攻防に注目が集まりそうで、それを先取りする動きともいえる。

残業にルールはあるの?

1:2017/01/03(火) 12:27:52.42 ID:
残業にルールはあるの?



働き過ぎは疲れがたまって体調を崩したり、過労死の原因になったりする。だから、給料をもらって働く人の労働時間は、労働基準法(労基法)という法律などで、上限について様々な決まりがあるんだ。

まず、労働時間の原則は「週40時間」かつ「1日8時間」だ。労基法で定められているから、法定労働時間と呼ぶ。これを超えて働く分が、いわゆる残業で、時間外労働ともいうよ。

コンビニの元旦営業は必要なのか? 「1日2日休みでも困らない」との声

1:2017/01/02(月) 09:15:25.34 ID:
https://news.careerconnection.jp/?p=29807

年が明けた。元旦は帰省して実家でのんびり過ごしたり、初詣などで外出したりする人も多いだろう。しかし一方で、休めないのが全国に約5万4000店あるコンビニ店員だ。ツイッターでは年末からコンビニ従業員のツイートが相次いでいる。
「所詮しがない主婦コンビニアルバイターなので盆暮れ正月は関係ないし元日は6時から仕事です」
「元旦バイト6時間ってコンビニ初めて恨んだわ(笑)」
「コンビニバイトあるある、仕事納めが大晦日 仕事始めが元旦になりがち」
「元旦から営業」「送料無料」「夜10時まで対応」…もういい、休め

年中無休の24時間営業で、日常生活に欠かせないコンビニだが、そこで働いている人は大変だ。いくらそういうサービス形態だとしても元旦ぐらい休めるものなら休みたい、というのが本音だろう。
こうした状況に対して、ネットでは
「24時間営業はやめよう。大晦日は早めに閉店、元日はスーパーもコンビニも休もう」
「コンビニも含めて働くの禁止にしたらいいのに。1日ぐらい我慢できるよ」
という声も出始めている。 

【なぜ日本人は死ぬ程迄長時間働くのか】電通社長辞任で日本独特の死因「Karoushi」に海外メディア注目

1:2016/12/29(木) 18:40:16.83 ID:
電通の新入社員だった高橋まつりさんが過重労働を苦に自殺した問題はついに、同社の石井直社長が辞任を表明する事態へと発展した。
 その衝撃は大きく、海外メディアも相次ぎ報道。「日本においては長い間、遅くまで残業することは会社に対する忠誠心として受け入れられてきた」などと、日本の「極端な」企業文化を世界に伝えている。

■朝日新聞「電通だけの問題ではない」
 電通の石井社長は2016年12月28日夜に会見を開き、同社幹部が労働基準法違反の疑いで書類送検されたことを謝罪、合わせて17年1月の取締役会で社長を辞任すると明かした。
 辞任の理由を、高橋さんの命日である12月25日に遺族に直接謝罪できたからだと述べたうえで、「過重労働は決してあってはならないことで経営を預かる身として慚愧(ざんき)に堪えず、深く責任を感じている」と語った。

【コンビニ】8カ月で休み4日、1日15時間労働、親子2人で月給25万円…一家全員が正常な判断力を失い、必死で働き続けた

1:2016/12/30(金) 04:13:48.20 ID:
http://www.sankei.com/west/news/161229/wst1612290064-n1.html

過労死した男性が掛け持ち勤務をしていたファミリーマートの店舗=大阪府門真市


「ようやく終わったと思うと、ほっとした」。
和解成立を受け、遺族らはそう口をそろえた。コンビニ大手ファミリーマートの男性従業員=当時(62)=が死亡したのは、過重労働が原因だったとして、遺族がフランチャイズ(FC)の店舗オーナーとファミリーマートに損害賠償を求めた訴訟。
男性が勤めていたFC加盟店は、大手コンビニの看板を借りた“ブラック企業”だとしか思えなかったという。
過酷な長時間労働から救い出したい一心で、店を手伝うことまでした遺族もまた、心身ともに疲弊しきっていた。

【AI】仕事の47%はAIに奪われ、格差は拡大する:米政府報告書

1:2016/12/28(水) 21:27:46.71 ID:
http://wired.jp/2016/12/26/federal-report-ai/

米オバマ政権は12月20日(米国時間)、人工知能(AI)に関する報告書(PDFファイル)を発表した。
オバマ大統領の科学及び経済のアドヴァイザーたちが、労働環境の自動化が米国の労働市場や経済に及ぼす影響を明らかにしたものだ。

過去数十年の間でも、電話交換手やオフィスでの文書整理係、旅行代理店の店員、組み立てラインの作業員といった職がオートメーション化によってすでに失われたと言われており、いまはタクシーやUberの運転手のような職業が危機にさらされている。トラック業界は今後10年以内にオートメーション化へとシフトするだろう(米国内では380万人が運転関係の仕事をしている)。
ファストフードチェーン(日本語版記事)でも、キオスクや自動注文システムの実験を進めているところがある。

スポンサード リンク

スポンサード リンク