記事検索
逆アクセスランキング
ブログランキング

スポンサードリンク
アーカイブ

スポンサード リンク

プログラマ

【IT業界】プログラマーはなぜ精神崩壊するのか

1:2016/12/20(火) 08:47:45.03 ID:

ムチャな要求に応え、無理を重ねる現場 
スレッド上での結論からいうと、「向き不向きと労働時間の問題」という、一般的で当たり前のことだった。
それでも、詳しく見ていくと「ならでは…」と納得してしまういくつもの回答がある。

「最初から勉強していくことが多くて辛いし 慣れてきてもハイペースで走らないといけないから本当に持たない」
「無理難題を営業が取ってきてそれが続いてデフォルトになるから→デフォルトで無理難題なのにまだ頑張れば行けると思って無理難題を加える→無事死ぬ」
また、「形ないものって詳しくない人には尊厳が持たれない傾向がある」という声もあった。
しかも、プログラムは専門的にやって人ではないとわかりにくい。その結果現場に無理難題が来るというのだ。

【IT業界】47歳未経験でも、勉強すればプログラマーとして食べていける? 「自動運転」で失業が不安なドライバーが相談

1:2016/12/12(月) 10:14:10.65 ID:
https://www.google.co.jp/amp/a.excite.co.jp/News/society_g/20161203/Careerconnection_5392.amp.html

Q&AサイトのOKWAVEに、こんな相談が寄せられています。相談者のMongosOKWさんは47歳の男性。トラックドライバーとして20年以上働いてきましたが、所属企業のリストラにあってしまい、転職活動を余儀なくされることに。そこで心機一転、新しい職種にチャレンジしようかと考えているそうです。

トラックやタクシーのドライバーは、人手不足で売り手市場気味。しかしネットには「2030年には、先進国の都市部の商用車で完全自動車が普及している」というコンサルタント会社のレポートがアップされていたそうです。(ライター:Makiko.N)

■年金が支給される前に仕事がなくなる不安に駆られる
2030年といえば、相談者さんは60歳くらい。年金支給にはまだ早いし、将来的には年金の支給年齢引き上げや減額のおそれもあります。技術革新の波もあいまって、このままドライバーとしてキャリアを積むことに不安を感じるのも無理はありません。

【IT業界】文系エンジニアが世界で通用しない理由

1:2016/11/17(木) 14:51:17.61 ID:
https://dot.asahi.com/aera/2016102500218.html

 プログラミングがブームだということはわかった。未来を生きる子どもたちの「必修科目」であることも。究めたら、どんな働き方が待っているのか。

 もし、自分の子どもが「プログラミングを学びたい」と言い出したら──。
 ある人は、Facebook(フェイスブック)の創業者マーク・ザッカーバーグのような姿を思い描き、夢のある華々しい仕事だと思うかもしれない。またある人は、パソコンに向かってひたすらコードを書く「プログラマ」を想像し、低賃金で長時間労働を強いられる「きつい仕事」を思い浮かべるかもしれない。
 実際にプログラミングを身につけた人たちは何と呼ばれ、どんな仕事をしているのか。
 人材サービス会社インテリジェンスで長く転職サービス「DODA」を担当し、IT人材の転職を支援してきた上杉真由さんを訪ねた。

30代からプログラマーになりたいんだけど

1:2016/11/13(日) 15:26:16.83 ID:
無理か?

【IT業界】プログラマーに向いている人・不向きな人

1:2016/10/31(月) 11:59:07.74 ID:

先日のブログでも少し書いたのですが、現在プログラマーを求人中で、何人かの方と面談を行ったりしましたが、プログラマーに限らずIT業界の仕事は向き不向きがかなりはっきりとあり、なかなか難しいと感じています。
(中略)

私の勤務先でも様々なタイプの人がいますが、プログラミングで活躍する人は、
・プログラミングに限らず、誘いをかけるとやってみたいと動く人
 嫌いな分野には手を出さないタイプもいますが・・・
・言われなくても余計なことまであれこれやりまくる人
・分かった振りをせず、食らいついてくる人
・自分で勝手にあれこれ作ってみている人
・自分でやったことを見てもらうことができる人・むしろ見せたい人?
こんなタイプが多い気がします。もちろん例外もたくさんありますが。

優れたプログラマーを抱えた国ランキング、日本は6位

1:2016/09/08(木) 11:36:40.51 ID:
fossBytesに9月2日(米国時間)に掲載された記事「Which Country Has The Best Computer Programmers And Developers?」が、HackerRankが調査した、国別にどの程度優れたプログラマおよびデベロッパがいるのか調査した結果を伝えた。
第1位は中国が獲得し、以降、ロシア、ポーランドの順となり、日本は第6位だった。優れたプログラマーを抱えていると言われている米国とインドはそれぞれ28位と31位だった。

公開されているランキングの上位10位は次の通り。
中国
ロシア
ポーランド
スイス
ハンガリー
日本
台湾
フランス
チェコ
イタリア

http://news.mynavi.jp/news/2016/09/08/161/

IT業界で唯一のホワイト職種「医療機器プログラマ」が凄い。免許制で孫受けや派遣禁止。年収3000万円

1:2016/08/31(水) 23:20:25.45 ID:
プログラミング言語「Python」を学ぶべき理由

fossBytesに2016年月日(米国時間)に掲載された記事「Why Should One Learn Python Programming Language?」が、Pythonを学ぶべき理由を紹介した。
25年前に登場したプログラミング言語「Python」は今では世界中の学校で学習に使われるプログラミング言語になっているとともに、業務システムの開発にも利用されている。なぜこのプログラミング言語が高い人気を得るに至ったのか、その理由が簡単にまとめられている。

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク