記事検索
逆アクセスランキング
ブログランキング

スポンサードリンク
アーカイブ

スポンサード リンク

収入

【馬鹿め】太陽光ベンチャーが続々倒産。過多競争&新規需要の減少で

1:2017/01/12(木) 20:00:55.45 ID:
「太陽光関連事業者」の倒産が2016年は最多の65件発生

市場拡大を見込まれた太陽光発電だったが、「太陽光関連事業者」の倒産が急増している。

2016年(1-12月)の太陽光関連事業者の倒産は65件(前年比20.4%増)で、調査を開始した2000年以降で最多を記録した。また、負債も大型倒産の発生で過去最高を更新した。

年金納付率 20歳から24歳の納付率は21.4%、25歳から29歳は32.1% もうシステムが崩壊してるwww

1:2017/01/05(木) 08:02:12.99 ID:
■年金の未納者が「約60%」もいる?
新制度は、私たちの老後生活にどのような影響を及ぼすのでしょうか。
まず、現在年金を受け取っている世代は、受取額が減る恐れがあります。若者を中心とした現役世代も、たとえ年金を払い続けていたとしても、受取額が減る可能性があります。そう考えると、公的年金制度を維持するためとはいえ、少なからず不安な気持ちになります。
これでは、年金の未納者がますます増える可能性も否定できません。

一時期、私たちFP仲間で自民党の河野太郎議員のブログが話題になったことがあります。河野議員の見立てによると、平成25年度の被保険者全体の割合を加味した「実質的な年金の納付率」は約40%、つまり未納が「約60%」というものでした。
同じく、20歳から24歳の納付率は21.4%、25歳から29歳は32.1%です。この数字を知ったときの驚きは、いまでも忘れられません。

http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20161226/zuuonline_133423.html

【スマホ決済】「このプラチナカードで」、“どや顔”が消える時代に失うモノ

1:2016/12/29(木) 19:13:54.13 ID:
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/16/110700001/122500015/

職業柄、バーでなじみになるとクレジットカードの決済手数料を聞いてしまう癖がある。

 筆者は2013年の夏、スマートフォンに小型端末を差してクレジットカード決済端末として利用できる加盟店向けサービスの取材に回っていた。当時、会社の先輩によく連れて行ってもらって顔なじみになっていたバーのマスターに決済手数料について聞いた時の記憶が、最近になって蘇ってきた。

来年からフィンランドでベーシックインカム試験導入 毎月560ユーロ(6万8000円)が振り込まれる

1:2016/12/29(木) 09:50:24.27 ID:
来年1月からフィンランドで2000人を対象とした2年間のベーシックインカムの試験導入が始まる。
フィンランド社会保障庁(Kela)によると、対象となる2千人の被験者に対し1月9日に最初のベーシックインカム560ユーロが自動的に支給されることになるとのこと。

試験期間は2017年1月1日から2018年12月31日まで行われ、被験者は毎月560ユーロを受け取ることができる。 
既存の複雑化した社会保障制度をベーシックインカムで一元管理することを目指しているため、被験者は現在の社会保障一切を受け取れることが出来なくなる。

【キャリア】年収900万円以上の6割が転職者、意外に知らない「転職と収入」の関係

1:2016/12/21(水) 16:39:53.51 ID:
http://bizlady.jp/archives/174414



「あぁ、転職したい!」あなたがこんなふうに思うとき、その理由は何でしょうか。
キャリアアップしたい? 自分に合う仕事がもっとあるはず、と思うから? それとも……もっともっと、お給料がほしい!?
誰だってアップを望む、収入。転職することでそれが叶うなら、もう言うことなし……ですが、実際のところはどうなのでしょう?
じつは“転職と収入”には、深い結びつきがあるようなのです! 気になるその関係、一体どんなものなのでしょうか。

アパート建てるだろ。4000万円借りるだろ。返済に20年かかるだろ。元取るの20年後から?

1:2016/12/21(水) 18:40:31.50 ID:
賃貸物件をはじめとする不動産のオーナーを対象に、賃貸経営に関する情報提供をテーマとしたエイブル主催のイベント「全国賃貸オーナーズフェスタ 」。カリスマ大家として知られる、有限会社スズヨシの代表取締役社長・鈴木ゆり子氏が登壇し、大家としての心構えを説きました。

http://logmi.jp/177012

成果で給与を貰う、これがまともに出来て居ない人間が多い。

1:2016/12/18(日) 12:03:18.56 ID:
労働時間に関係なく成果でお金がもらえる人になろう
しかし、クリエイター、自営業者や起業家は、いくら長時間働いても、それが売れなければ収入はゼロです。逆に、1日1時間しか働かなくても、売れれば収入は天井知らずです。つまり、目に見える労働時間には関係なく、より付加価値のあるアウトプットを出せたか、人の役に立てたかどうかが問われます。これは恐怖であると同時に、醍醐味でもあります。

そして、この厳しさは、個人を鍛えてくれます。「何が売れるか?」「どうすれば売れるか?」という工夫と発想を、つねに問い続ける習慣ができます。
すると、残業とか、休日出勤とか、有休などはどうでもよく、自分が出すべき価値にフォーカスできるようになります。

月給の良いところは、日々の労働時間や生活のことを気にせず、じっくり仕事に取り組めることです。さらに年俸制なら、残業という概念からも解放されます。しかし反面、「しがみついていれば、とりあえず25日には給料が振り込まれる」という甘えにもつながりやすいのです。
「時間でお金をもらう」という働き方からは1日も早く足を洗い、「自分が働いた成果でお金をもらう」という働き方にシフトしなければなりません。

http://news.livedoor.com/article/detail/12430281/

スポンサード リンク

スポンサード リンク