記事検索
逆アクセスランキング
ブログランキング

スポンサードリンク
アーカイブ

スポンサード リンク

Mac

情強のお前らがwindowsPCとMacBookの違いを情弱の俺に教えるスレ

1:2015/01/04(日) 02:15:20.69 ID:
初PCで迷ってるんです、、、
2:2015/01/04(日) 02:17:16.39 ID:
win 安い
Mac 高い
win ソフト豊富
Mac ソフトマニアック
win ゲーム出来る
Mac 出来ない
7:2015/01/04(日) 02:21:14.01 ID:
>>2
わかりやすいわ
ありがとう
3:2015/01/04(日) 02:17:40.39 ID:
初めてのパソコンなら黙ってwindowsにしとけ

優秀なプログラマたちはWindowsを捨てMacを使っている

1:2016/04/01(金)17:27:48 ID:
2016年3月30日(現地時間)、米マイクロソフトはサンフランシスコで開催中の開発者カンファレンス
「Build 2016」の基調講演で、Windows 10やVisual Studioに関する最新情報を発表した(写真1)。

その中でも筆者の印象に強く残った言葉が、「Windowsは開発者のホームである」(Windows is home for developers.)という表現だ。
その背景には、MacやLinuxに移ってしまった開発者を呼び戻したいという同社の意図が感じられる。

本記事では1日目の基調講演を振り返りながら、マイクロソフトが訴えたかったことを読み解いていく。

(中略)

これまでBuild初日の基調講演では、新しいWindowsデバイスを発表するなど、メディアや一般ユーザーが
とっつきやすい話題を中心にプレゼンテーションを組むことが多かった。

しかし、今回は「これは開発者カンファレンスなので、ソースコードを見せていく」との前置きを入れながら、
1日目の基調講演からVisual Studioでコードを書いていくなど、「開発者色」が強くなった印象だ(写真10)。

2015年には他のプラットフォーム向けのアプリをWindowsストアに持ち込む施策が大きな注目を浴びた。
さらに2016年は、アプリ開発者がWindowsに戻りたくなるような環境を整備。
その上でHoloLensやCortanaといった最新技術を用いたUWPアプリを開発してほしいという、
マイクロソフトの意図が前面に出た基調講演になった。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/090100053/033100138/?rt=nocnt
2:2016/04/01(金)17:44:14 ID:
WEBアプリやiosやアンドロイドのアプリ開発ならlinuxで出来るけど
windowsのプログラム開発するならwindowsマシン必要なんじゃないの?
3:2016/04/01(金)18:00:53 ID:
>>2
優秀なプログラマ様はWindowsのアプリなんて書かないよ。
7:2016/04/02(土)18:54:24 ID:
>>2
MacにWindowsを入れることはできるけど逆は無理。

スポンサード リンク

スポンサード リンク