記事検索
逆アクセスランキング
ブログランキング

スポンサードリンク
アーカイブ

スポンサード リンク

apple

【悲報】iPhone 7の発.熱が凄いと話題にwww

1:2016/09/17(土) 09:40:31.95 ID:

アップルが異例の声明、iPhone7の新色ジェットブラックはキズがつきやすいのでケースを使って表面を保護してください

1:2016/09/18(日) 21:29:16.31 ID:
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1609/18/news006.html

9月16日に発売したAppleの「iPhone 7/7 Plus」。新モデルが登場するたびに新色が話題となるが、
今回はジェットブラックとブラックの2色が追加された。中でも光沢のあるジェットブラックが人気のようだが、Apple公式が“異例の注意書き”を出したことでも注目を浴びている。
光沢仕上げにしたことで、表面は傷つきやすいのだ。

 ジェットブラックのiPhone 7の高光沢仕上げは、精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工によるものです。
表面には酸化皮膜処理された他のApple製品と同等の硬度がありますが、使用とともに光沢に微細な摩耗が生じる場合があります。磨耗(原文ママ)が気になる方は、iPhone用のケースを使って表面を保護することをおすすめします。
 iPhone 6sシリーズでは新色ローズゴールドが話題になり、iPhone 7では当然ピカピカの高光沢仕上げがまぶしいジェットブラックで……といきたいところだが、そう簡単にはいかない。

 Appleは、摩耗が気になる人にiPhone用ケースを推奨しているが、それではわざわざジェットブラックを買った意味がなくなってしまう。誰から見ても新モデルと分かるように新色を買いたい、しかし、傷のリスクを減らすにはケースを装着する必要がある。ここに、ジェットブラックのジレンマ、いや、ジェットブラックの憂鬱がある。

一方、もう1つのブラックはマットな質感だ。端末表面が傷つくのを避けたいならブラックを選ぶのもいいだろう。どうしてもジェットブラックを主張したいという人は、端末背面を覆わないバンパーケースを使うのが安全だ。

【iPhone7】PASMO・ICOCA・PiTaPa「Apple Payは対応しない。検討すらしていない」

1:2016/09/09(金) 23:36:43.41 ID:
まずセブン&アイ・グループの「nanaco」については「社内で検討はしているが、あくまで未定」、イオングループの「WAON」、楽天グループの「楽天Edy」も未定としていた。可能性がなくはないが、非常に積極的、とまでは言えない印象だ。

現状Androidスマートフォンなどで使えずカードのみの電子マネー、IC乗車券はどうだろうか。首都圏の「PASMO」、JR西日本グループの「ICOCA」、近畿圏の「PiTaPa」はそれぞれ都市部を中心に利用する人も多い。

iPhone 7登場を機に方針を変える可能性はないかとカードを発行する各社に確認をとったが、残念ながらいずれも「検討はしていない」とかなり消極的だった。PASMOは「そもそもモバイル対応をしていないので」とあらためて説明していた。

だが、日々使っている人からの要望が多ければ、企業として取り組む優先順位が動く場合もあるだろう。iPhone 7をきっかけに愛用しているサービスのモバイル対応を求めてみるのもよいかもしれない。

【スマホ】Appleが新型iPhone「7」を発表、16日から発売開始、Suica対応Apple Payは10月から利用可能に

1:2016/09/08(木) 07:02:22.39 ID:
http://iphone-mania.jp/news-133155/
Appleは現地時間9月7日(日本時間9月8日)、防水・防塵性能を搭載し、カメラなどスペックが向上したiPhone7とiPhone7 Plusを発表しました。
防水・防塵、感圧式ホームボタン、カメラ性能も大幅に進化
iPhone7/7 Plusは、新色として光沢のあるジェットブラック、マット仕上げのブラックが従来のシルバー、ゴールド、ローズゴールド
に追加された合計5色のカラーバリエーションで、筐体の素材は7000シリーズアルミニウムです。
IP67の防沫・耐水性能を搭載するほか、ホームボタンは従来の物理的なものから、
Taptic Engineと連携する感圧式に変更されました。Touch IDにも対応し、Suicaなどさまざまなクレジットカードに対応した
Apple Payも利用できます。
(中略)
ストレージも噂通り、32GB/128GB/256GBとなっていますが、新色のジェットブラックについては32GB選択できず、128GBと256GBの2モデルとなります。
イヤホン端子は廃止され、スピーカーとなりました。これによりステレオスピーカーが実現し、iPhone6sと比べて音量が2倍になります。
Lightning端子接続となった新しいEarPods、そして3.5mmイヤホンジャックをLightning接続するためのアダプタはともに付属しています。

iPhone7/7 Plusは、日本ではこれまで通りソフトバンク、au、NTTドコモの3キャリアが取り扱う予定で、
予約開始は9月9日(金)、発売は9月16日(金)となります。

http://iphone-mania.jp/news-133586/

新型iPhone 7のデザインが既存端末と変わらない場合、アップグレードするユーザーは10%

1:2016/08/01(月) 15:42:33.04 ID:
http://gigazine.net/news/20160801-survey-apple-upgrade/

Appleは毎年デザインを改めた新端末を発表していますが、2016年に発表される予定の「iPhone 7」が
iPhone 6/6sから大きくデザインが変わることはないだろう、と見られています。
ニュースサイトのQuartzが行った調査によると、 2016年に発表されるiPhoneのデザインが変わらなかった場合、既存のiPhoneユーザーが端末をアップグレードする割合はわずか10%に留まるとのことです。

米Apple iOS10にプログラム言語「Swift」を使ってプログラミングを教育するアプリを標準搭載へ

1:2016/08/01(月) 19:37:35.97 ID:
「ポケモンGO」のダウンロードのうちiOSユーザーが3分の2を占めるとの調査もあり、
今後24カ月の間にアップルはポケモンGOで30億ドルの収益を得るとの投資会社の予測も出ている。
スマートフォンの世界シェアでは、Androidが約85%と、アップルのiOSを圧倒しているものの、App Storeの課金額は
Google Playストアの課金額を90%上回り(App Annie調べ)、
数が少ないiPhoneユーザーの購買力はAndroidのそれを凌駕している。

この追い風でアップルがさらに推し進めようとしていることがある。
そのカギとなるのが、今秋リリースの「iOS 10」に搭載されるiPad向け新アプリ
「Swift Playgrounds(スウィフトプレイグラウンド)」。

【悲報】アップル、iPhoneを日本でぼったくり価格で販売していた

1:2016/07/27(水) 12:29:41.19 ID:
◆日本でもiPhoneのシェア低下の可能性?
 iPhoneのシェア低下は今後、日本でも起こる可能性がある。
スイスの金融機関UBSが6月28日の投資家向けレポートでその可能性を指摘していた。
米ニュース専門放送局CNBCなどが報じている。

スポンサード リンク

スポンサード リンク